膝の痛みについて

40歳を過ぎる頃から、膝の痛みが気になる人が増えてきます。階段の上り下りのときに膝に違和感や痛みを感じたり、正座が辛いなどいろいろな症状が起こってきます。なぜ40代になる頃からこのような関節にトラブルが起こりやすくなるのでしょう。40歳からの膝痛の原因や予防法のご紹介です。

 

40歳からの膝の痛みの原因

年齢を重ねると、膝の痛みを感じるようになる人が増えます。40歳からの膝の痛みの中で、とても多い原因は変形性膝関節症。特に男性より女性に多いとも言われており、40歳を過ぎる頃からだんだん増えてきます。また慢性関節リウマチや痛風、スポーツや事故などによる外傷などが原因となることも。

 

関節をスムーズに、また関節の軟骨をすり減らさないように守っているコラーゲンやコンドロイチン、ヒアルロン酸などの成分は本来体内で生成されるものです。しかし加齢により体内生成が低下することによって、膝のトラブルが起こると言われています。

 

また女性の場合は更年期を迎え40代になる頃から、エストロゲンが激減します。エストロゲンは乳酸トランスポーターURAT1の働きを抑制する働きがあり、尿酸の排出を抑えています。しかし40歳を過ぎるころからエストロゲンがどんどん低下することによって、尿酸の排出が増え痛風を発症する女性が増えてきます。それまではほとんど男性が発症する疾患ですが、40歳を境にだんだん女性の発症も増えてくるのです。

 

中高年に多い変形性膝関節症

40歳を過ぎる頃から年齢が高くなるにつれ、変形性膝関節症の発症する人が増えてきます。この症状は加齢によって起こるものですが、加齢だから必ず起こるというものではありません。そして予防をしっかり行い、もし発症してもきちんと治療をすれば症状の軽減は十分可能だと言われています。

 

変形性膝関節症は膝に体重がかかるときに痛む疾患で、初期には膝を休ませれば痛みは治まりますが、だんだんこのようなことが繰り返されるようになってきます。しかし基本的には安静にしていると痛みは治まります。もし安静にしても痛みが治らないときには、慢性関節リウマチや痛風などを疑うことも必要です。

 

変形性膝関節症の場合、加齢によって軟骨成分の低下に深く関係します。今までは普通に食事をしていても、体がこれらの成分を生成していました。しかし加齢とともに、これらの成分の体内生成が低下するため、食品やサプリメントなどから摂取する必要もあるのです。

 

膝痛を予防する

・食生活

できるだけ40歳からの膝の関節の痛みを減らすためには、毎日の食事も大切です。まず膝に負担を掛けないために肥満を避けることが大切です。特に40歳をすぎると代謝の低下や運動不足、食べ過ぎ、飲み過ぎなどによって皮下脂肪、内臓脂肪などによる肥満も増えてきます。

 

そのためにも野菜を多くし、欧米化した食生活から和食に変える見直しも大切です。無理のない運動も見直しましょう。ただし膝に無理のあると感じた運動は避けるようにします。食生活では筋肉や血液をつくる豆腐、魚、卵をしっかり食べましょう。

 

また粘膜や皮膚を正常に守るビタミンA、代謝や体の調整に関係するビタミンB群、カルシウムや一緒に摂ると骨形成に効果的なビタミンDやマグネシウム。免疫や細胞の若返りのためにビタミンEやC、ポリフェノールなどの抗酸化成分を意識的に摂りましょう。

 

そしてコラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸など豊富な軟骨成分が摂れる食品も意識したいものです。これらの食品を摂る努力とともに、サプリメントなども上手に利用することも考えてみましょう。

 

・運動

膝痛予防には運動は欠かせません。関節の回りの筋肉を鍛えるために、膝関節の曲げ伸ばし運動を行いましょう。また太もも筋肉の強化、膝の裏を伸ばして膝裏筋肉を鍛えることもおすすめです。またストレッチなど運動が苦手な人は、毎日30分程度歩くようにしましょう。毎日歩くことは膝を含め全身運動ができるため、膝の負担となる体重の増加も抑えることができます。