肌荒れ、乾燥肌、シミ、くすみ、しわ

40代に入ると肌のトラブルも、いろいろ起こりやすくなります。肌は年齢とともにだんだん劣化していくのは当然のことですが、少しでも老化を遅らせるためには40代からの肌のトラブルについて理解することが大切です。

 

年齢肌について

加齢によってだんだん変化してくる肌を年齢肌と言いますが、年齢肌の中には加齢による自然老化と、紫外線による光老化というものがあります。紫外線の当たりにくいお腹辺りの肌は、肌が薄くシミもなくキメの細かい皮膚ではないでしょうか。これこそ紫外線の影響をあまり受けていない美しい肌なのです。

 

自然老化や光老化は20代をピークにどんどん進みますが、はっきり目立つようになってくるのが40歳頃と言われています。つまり予防は40代よりもっと前から、行うようにしなければならないということなのです。また予防についても、自然老化と光老化の両面から考えていかなければなりません。

 

光老化について

肌は紫外線に対する防御反応によって、真皮層では弾性線維が固まり、光線性弾性線維症を起こし皮膚が厚くなってしまいます。保湿機能も低下し、ガサガサした乾燥肌にもなってしまいます。また30代後半頃から、だんだんシミや深いシワなどが目立ってくるようになるのです。

 

紫外線の中でも特に肌に影響を与えてしまう紫外線は、UV-AとUV-Bの二種類となります。UV-Aは時間をかけてコラーゲンやエラスチンを変成させてしまい、シワ、たるみの原因に。UV-Bはメラニン細胞を活性化し、シミやくすみを作りだします。

 

メラニン色素が活性化することで活性酸素も大量に排出され、肌細胞の老化につながることになり、コラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素を活発にすることでシワの原因にもなるのです。

 

光老化の予防について

光老化の予防は、やはりできるだけUV-AとUV-Bを肌に当てないことが大切になってきます。そのため外出するときには帽子、サングラス、日傘などの利用や日焼け止めクリームなどを忘れずに使用しましょう。また部屋の中では、これらの光線はカーテンも通り抜けてしまうのでUV機能の高いカーテンを使用するなども大切です。

 

またUV-Bはコラーゲンやエラスチンなどを壊してしまうことから、これらの美容成分が配合されたケア化粧品を使用しましょう。また活性酸素を除去するためにも、抗酸化パワーの強い成分が多く含まれている食品を意識的に摂取することも大切です。

 

自然老化について

20代をピークにエストロゲン分泌はどんどん減っていきますが、特に40代に入ると閉経に向かって急激に低下していきます。エストロゲンは美のホルモンとも言われており、肌の若々しさを保つためにも欠かせないコラーゲン、エラスチン、セラミド、ヒアルロン酸などの体内生成にも深く関わっています。

 

そのためエストロゲンが減少するに従ってこれらの成分の生成が低下。それによって肌のハリ、ツヤ、保湿などが低下し、シワやシミ、くすみ、たるみなどが発生してくるのです。また加齢による肌代謝の低下から、肌のターンオーバーも低下しガサガサ肌になります。

 

自然老化の予防について

自然老化の予防として、エストロゲンをサポートする大豆イソフラボンを多く含む大豆食品などをしっかり摂りましょう。また老廃物を溜めないように、リンパマッサージを行うこともおすすめです。毛穴の中の老廃物をしっかり取るための、毎日の洗顔も大切ですが、質の良い無添加洗顔料などを利用したいものです。

 

特に老化肌は保湿が重要なので、無添加、天然素材にこだわり、保湿機能の高い成分が配合されている洗顔料を使用しましょう。また肌のターンオーバーを正常に戻すためにも、保湿成分豊富なをスキンケア商品の使用をおすすめします。そして体の中からも代謝を高める栄養素や、抗酸化パワーの強い栄養素を意識した食品を摂取することも重要です。食品だけに頼らず、サプリメントなども上手に利用するといいのではないでしょうか。