目の疲れ・視力低下について

40代に入る頃から目の疲れが気になることもあります。夕方になると目がかすんだり、視力の低下を感じるようになることも。もちろん40代は加齢による老眼も出てくる年頃です。40歳を過ぎてからの目の疲れ・視力低下などについて考えてみましょう。

 

老眼は40代から?

やはり中高年になれば、老眼は必ず起こる老化症状です。老眼は物を見るときの遠近の調整機能が、老化によって低下して起こります。老眼が始まる年齢も人それぞれ差があり、早い人は30代から老眼症状が始まり、遅い人では60代近くになって老眼が出てきたという人もいるので、いちがいに40代になると老眼が始まるとは言い切れません。

 

また老眼が発症してきても、心情的にはすぐには認めたくないものです。しかしそのまま裸眼で放っておくと眼精疲労や頭痛、肩こりなどの原因にもなってしまいます。老眼をできるだけ抑制したい場合はポリフェノールの一種であるアントシアニンなどの豊富な食品を摂取したり、目の疲れることを避け、紫外線から目を守り、目のトレーニングなどもおすすめです。

 

40歳からの目の疲れ

40代になると夕方目がかすむ、視力が落ちる、目の奥が痛む、まぶたが重くなるなど目のトラブルを感じるようになることも増えてきます。目にはレンズの働きをする水晶体があります。水晶体の弾力が加齢によってだんだん低下。それによって毛様体筋がピントを合わせようと連続稼働します。

 

毛用体筋の酷使によってピントが合わなくなり視力の低下や、ものがぼけて見える、眼精疲労などの症状が起こります。夕方の目のかすみなども老眼と深く関係しますが、パソコン画面を長時間見ている仕事や、細かい字を見続けていることによって、加齢による硬くなった水晶体のトラブルの1つでもあるのです。

 

また目の表面には涙の膜が覆っており、まばたきをするたびに涙の膜を張り直しています。しかし加齢によって涙の膜がうまく張られなくなると、眼球に傷が付いたり、ゆがんでものが目に写り、それが脳に送られていきます。脳はゆがみを修整しようと働くため、目の疲れとして感じることに。涙の量も加齢によって低下し、ドライアイがこのようなことを招きます。

 

目の疲れにアントシアニン

多くのポリフェノールの中でも、目の中にまで浸透していけるアントシアニンはロドプシンの再生をサポートします。眼球内にはロドプシンという光センサーがあり、目に映ったものを信号として脳に届ける役割です。当然目を使っている間ずっとロドプシンは分解と再生を繰り返すため、疲労がどんどん溜まり眼精疲労につながります。

 

加齢によって再生力も低下するため、40歳すぎると眼精疲労が起こりやすくなるのです。アントシアニンはロドプシンをサポートするため目の疲れを緩和します。そのためアントシアニンの豊富な食品を摂取したいものです。またサプリメントなども上手に利用して目の老化と上手に付き合うようにしましょう。

 

ビタミンB群と目の疲れ

目の疲れにはアントシアニンの働きはとても重要だと言われています。そしてもう一つ、ビタミンB群も目のためには欠かせません。ビタミンB群と目の関係として、ビタミンB1の不足によって眼精疲労、視神経の炎症、視力低下などが引き起こされます。

 

ビタミンB2の不足により充血、ドライアイなどが起こります。ビタミンB6の不足により目粘膜の代謝低下、炎症を起こすことも。ビタミンB12の不足により角膜、結膜などに炎症を起こしやすくなります。ビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種類ですが、これらをバランス良く摂るようにしたいものです。