物忘れ

40代になると物忘れも気になりますが、多くの場合はいわゆる老化によるものと言われています。必要以上に不安を持たずに予防をすることも大切です。40代の物忘れについてのご紹介です。

 

40代の物忘れについて

物忘れや記憶力に深く関係しているのがシナプスです。シナプスとは脳内のニュートロン同士の接合部にある、シグナル伝達など神経活動に関係する結合部位であり、伝達能力と直結している部分ですが、加齢とともにこのシナプスもだんだん衰えていきます。これが老化による物忘れ、記憶力低下の原因と言われているのです。

 

また女性は40代になると閉経に近くなりエストロゲン分泌が急減します。それによって脳の働きも低下すると言われ、物忘れはシナプスの老化だけでなく、エストロゲン分泌低下によっても低下していきます。また40代を過ぎると、さまざまな老化により疲れやすくなったり、集中力が低下し記憶力の低下につながることもあります。

 

また40代になると、寝不足が続くなどのトラブルが起こることも。寝不足は疲れの回復ができないだけでなく、海馬を衰えさせてしまう原因にもなります。海馬は物事を記憶するためにも重要なところであり、海馬が衰えていくと特に新しいことが記憶できないという短期記憶に障害が起こります。

 

また女性は更年期などにはイライラや体調不良から、ますます集中力の低下による物忘れが起こることも。体の疲れや精神的な疲れも脳の働きに影響が出てしまうため、健康を整えることも大切です。

 

こんなときには注意を

同じことを何度も聞き直してしまったり、物忘れのレベルではなく日常生活に支障が出るようになったり、回りの人に注意されたりと言うことがある場合は、1度医師の診断も受けるようにしましょう。40代で起こる認知症は若年性認知症、若年性健忘症などの可能性があります。

 

またアルツハイマー型認知症、前頭側頭型認知症などの可能性も全く否定されるものではありません。どれも早期治療が大切なことなので1度医師の診断を受けてみましょう。また急激に物忘れが激しくなったときには脳梗塞などの可能性もあるので、すぐに病院に行く必要があります。

 

物忘れの予防

物忘れを予防するためには睡眠不足は改善することが大切です。自分の努力で改善出来る場合は、すぐにでも睡眠をしっかり取るようにしましょう。また食生活も見直しが重要になります。欧米型になった食生活ですが、和食型を見直してDHA・EPAの多い、青魚などを毎日1回は食べるようにしたいものです。DHA・EPAなどは食生活でしっかり摂ることが難しい場合は、サプリメントを上手に利用することもいいのではないでしょうか。

 

また運動は体を鍛えるだけでなく、脳の働きも鍛えることが分かっています。そのため無理のない運動を毎日行うことがおすすめです。1時間のジョギングを週4回、半年続けると学習能力が高まるという研究結果も発表されています。