更年期の不調について

更年期にはいろいろな不調が発症すると言われており、特に女性の場合はほとんどの人が閉経前後に経験をします。しかし個人差がとても大きく、あまり更年期を意識せずに過ぎてしまった人もいれば、十数年にわたって辛い思いをしたという人も。このような更年期とは一体何が原因や症状。また更年期を上手に乗り越えるには? 予防は? 更年期についていろいろな面から考えてみましょう。

 

更年期とは?

女性は必ず閉経を迎えますが、閉経の時期には個人差があります。大体50~55歳前後と言われています。そして閉経の前後5年間を更年期と呼びます。しかしこれはぴったり閉経を挟んだ10年間ということではなく、「そのぐらいの期間」というザックリとした目安となっています。

 

閉経の年齢は前もってはっきり分からないため、更年期がいつから起こるも実ははっきり分かりません。そのため50歳前後でいろいろな不調を感じるようになったら、更年期による不調の可能性を考えましょう。

 

更年期という言葉は誰でも迎える時期のことを指し、更年期障害は更年期によるいろいろな不調そのものを指すのです。ただし更年期の不調でもある程度軽い場合は、更年期障害とまで言わず更年期の不調と言われます。

 

更年期不調の症状

更年期の不調にも個人差があり、どのような症状がどれほどひどく出るかなどまったく違うため、ここでは比較的多くの人が体験する症状を挙げてみたいと思います。ここに挙げた中の幾つの症状を体験するかも個人差があります。

 

まず体の不調としては「だるい」「疲れやすい」「のぼせ」「ほてり」「手足の冷え」「多汗」「腰痛」「肩こり」「関節痛」「尿トラブル」「たちくらみ」「耳鳴り」「手足しびれ」「動悸」「皮膚の痒み」「目、口、肌の乾燥」「めまい」「頭痛」などがよく起こる症状です。心の不調は「不安感」「感情の起伏が荒くなる」「意味なく涙が出る」「鬱症状」「不眠」「イライラ」などがあります。

 

更年期不調の原因

エストロゲンの分泌の調整は、脳内の視床下部にある下垂体というところで行われます。しかし40代半ば頃(早い人は40代に入ってすぐということも)になると、下垂体でエストロゲンの分泌を促す指令を卵巣に出しても、加齢によって卵巣機能は急激に低下していくため、エストロゲン分泌がなかなか思うように出来なくなってしまいます。

 

指令どおりに分泌されないため、下垂体はますます強く命令を送るようになりますが、もちろんそれでもなかなか思ったような分泌できず、それによって脳は混乱をきたしてしまうのです。下垂体のある視床下部には自律神経を調整する働きもあるため、下垂体の混乱イコール自律神経の混乱にも直結します。

 

つまり更年期の不調は老化によるエストロゲンの減少が直接的な原因で、それによってホルモンバランスや自律神経バランスの乱れが大きく影響します。もちろんエストロゲンが急激に減ることによって、いろいろな症状が発症することもあり、更年期は体の急変による心と体の悲鳴なのです。

 

更年期を上手に過ごすために

更年期はご説明したような原因によるものですが、更年期を迎える時期は子どもの独立、親の介護、職場での立場、人間関係や夫婦関係のトラブルなどと重なりやすい時期です。そのためどうしても更年期の不調と重なって、よりストレスが体と心を痛めてしまうことにもなりかねません。

 

そのため更年期を上手に過ごすためには、ストレスをできるだけ溜めないように自分なりのストレス解消法を身に付けることも大切です。好きな趣味の世界を持ったり、友達との楽しい時間を多く持ったり、好きな旅行や、映画を観る回数を増やす、毎日のリラックスタイムの確率などそれぞれいろいろな工夫をしてみましょう。

 

気分が落ちると運動不足にもなりやすいので、適度な運動やバランスの良い食事など心掛けることも大切です。またストレス解消、自律神経不調などに働く成分配合のサプリメントなども、上手に利用するといいのではないでしょうか。

 

更年期の予防

更年期の予防はなかなか難しいようです。日頃からストレスに負けない体を作っておくことはとても重要です。そこで活性酸素除去効果のある食品や、ビタミン、ミネラルの豊富な食品などを意識的に摂取することも意識しましょう。

 

誰でも更年期の年齢になればエストロゲンは急激に低下していきます。その中で更年期の不調症状に違いがあるのは、体の反応の大きさの違いとも言えるのです。そこで少しでも過剰反応しないためにも、ストレスに強い体づくりこそ更年期不調の予防になります。