四十肩、五十肩

シャツの脱ぎ着が辛くなったり、痛みで夜中に目が覚めるなど辛い四十肩や五十肩。原因、症状、予防法、改善法など中高年に起こる四十肩、五十肩についてのご紹介です。

 

四十肩、五十肩について

四十肩、五十肩は40歳以降に発症した肩関節周辺の炎症で、肩の痛みや腕が上がらないなどの症状があり、原因がはっきりしない症候群であると定義されているのです。また五十肩という呼び方は1797年(寛政9年)、太田全斎著の国語辞典『俚言集覧(りげんしゅうらん)』の中にも出ています。

 

現代の言い方にすると、「人は五十歳ぐらいのとき手腕骨関節が痛むことがある。ある程度時期がたつと薬を使わなくても治っていく。これを一般的に五十腕や五十肩と言う。また長命病とも言う」と書かれているのです。この時期からもう五十肩というものが認識されており、当時は五十肩を経験する人たちは、長生きしている人でした。

 

四十肩と五十肩の違い

四十肩も五十肩の違いは、発症した年齢によって呼び方が違うだけ。特に症状や原因などに大きな違いはありません。もともとは五十肩と言われていましたが、実際には40代で発症する人が多いことから四十肩、五十肩という2つの呼び名になったのです。

 

ただし発症した年齢が違う分、老化度にも違いがあります。そのため四十肩より五十肩の方が、治癒力に違いが出ることもあるのです。また早い年齢で発症した場合は、それだけ毎日の運動や食生活の見直しも重要ということにもなります。

 

四十肩、五十肩の症状

・布団に入ってからジンジンと疼いたり、寝返りがうてないことも

・睡眠中に突然痛み出すなど、睡眠不足にもつながる

・腕や肩を動かさなければ何でもないが、腕をある程度上げたり、後に回そうとすると激痛が走る

・コーヒーカップ1つでも重みのあるものを持った瞬間、痛みが走る

・冷やしたり、温めたりしても、なかなか自然治癒で治らない

・ちょっとしたことがきっかけになったり、急に腕が上がらなくなったりする

 

四十肩、五十肩の原因

原因は肩関節の老化現象と考えられていますが、不明な部分もあると言われています。金属疲労のように老化による関節のトラブルであれば利き手側の肩が痛むはずですが、実は利き手と反対側の肩を痛めることが多いと言われています。

 

そして肩こりを持っている人の方が発症しやすいことや、柔軟性の低い人、体をあまり動かさない仕事の人、冷え性、血行の悪い人も発症しやすいという傾向があります。原因はまだまだ不明なところが多いと言われている四十肩、五十肩ですが、これらの原因と加齢とが重なって起こることは確かなようです。

 

四十肩、五十肩の改善と予防

四十肩、五十肩が発症した場合は医師に相談し、正しい治療を受けることが大切です。早い治療が早い改善につながるので、肩の調子が悪いと思ったら早めに医師に相談しましょう。放っておけば治るだろうと思っていても、何ヶ月も治らずに医師の診察を受けに行くという人も結構多いようです。

 

やはり四十肩、五十肩が発症しないための予防が必要となります。そのためには毎日の運動を見直し、無理のない適度な運動をしましょう。これは肩だけでなく膝、腰などいろいろな関節のトラブルの予防にもなります。

 

そしてコラーゲン、セラミドなどの軟骨成分の豊富な食品を摂る意識。血行を良くし老化を抑制する抗酸化パワーの強い食品を、意識的に摂取することもおすすめです。また食事から摂りきれない場合は、サプリメントなども上手に利用するといいのではないでしょうか。

 

四十肩、五十肩と間違えやすい疾患

四十肩だから、五十肩だから放っておくという人は、注意しなければならないことがあります。四十肩、五十肩は早い治療こそ早い改善につながりますが、それだけでなく別の疾患が隠れているということもあります。その場合はきちんと治療しなければなりません。

 

例えば、外的な衝撃を受けたときに発症しやすいと言われている腱板炎(けんばんえん)。関節の可動範囲が四十肩、五十肩よりずっと狭く、まったく動かないという状態もあります。また症状は腕の上げ下ろしや夜間の痛みが強く、四十肩、五十肩ととても似た症状ですが、肩甲骨と上腕骨をつないでいる腱板が切れてしまっている腱板断裂(けんばんだんれつ)という場合もあり、これも早い治療が必要です。

 

他にも頚椎症(けいついしょう)変形性肩関節症(へんけいせいかたかんせつしょう)など。また加齢だけでなく肩に負担をかけたときや軟骨がすり減っている場合、リウマチ、心筋梗塞、肺の腫瘍などが隠れている場合もあるので注意しましょう。